お問い合わせ
資料請求
会員ログイン
採用情報
新着情報

9周年講演会 「報告」

 

この度は、大変ご好評をいただきまして誠にありがとうございます。

参加したくても、日程が合わず残念ながら来られなかった方にも
何とかお伝えしていきたい、今後の事業においての大切な要素がありました。
特に、昨今では市場変化についてどのような対策を行えば良いか
ご相談に来られる方が多数いらっしゃいます
時代の変化に対応することで精一杯で、その先に向けての対策が全く取れないとなると
今後の市場動向の予測を見ると非常に大変な時期に差し掛かっていることが
今回の講演会で多くの団体・商社・問屋・メーカー
さらに住宅会社・工務店・不動産会社の方々にご認識いただけたと思います

 

今回の最重要キーワードは「内製化と外製化」
そしてそのバランスの取り方でした

多くの企業は時代対応の為に内製化について、自分達でどうにかしよう!
今までお付き合いのあった人達とどうにか頑張ってみよう!
このように今までの枠組みから離れない、いわゆる「今までの手法」「今までの発想」「今までのブレーン」
そんな取り組みが進められています。
しかし非常に重要な問題として、今回の市場変化は単なる市場変化ではなく
第四次産業革命と共に、既存事業の多くが廃業となり、
新しい事業が多く生み出されるタイミングだということです。
これまで通りの商品・サービスの延長線上で事業を進めるというのは非常に大変です。

 

 

 

消費者との関係が変わっていく時代

海外ではとても売上・受注も好調な企業が次々とイノベーションを起こしています。
それは企業として存続・継続していく為には同じことをしていてはいけない、という風潮が
世界規模で同時多発的に起きているからです。
市場が変わるということは「消費者」が変わるということです。
それは営業や話し方、さらには事業そのものが変わり目を迎えているということです。

 

緊急開催 2018年12月11日住宅事業 無料 相談会 上野・東京文化会館 中会議室②

今回、講演会に来られなかった方・またはこれから事業存続・継続に関して意欲的な方の為に
次回は緊急開催として12月11日に住宅事業相談会を無料で開催することになりました。
外製化の発想として「ユーザー」「消費者」この人たちが何を求めていて、今後どうなっていくか
その為に事業としてはどんな対策が必要になってくるのか
このあたりについて、清水英雄事務所の方から再度お話しをさせていただきたいと思います。

ご興味のある方は、HP上にご案内を出してあります。
または担当:清水大悟まで直接ご連絡ください

info@au-shimizu.co.jp