お問い合わせ
資料請求
会員ログイン
新着情報

CLOTSコンソーシアム (限定ご案内)

 

 

 

https://au-shimizu.co.jp/2798/

 

 

 

 

 

 

株式会社TOKAI https://www.tokai.jp/
エネルギー・ガス販売を主力としたエネルギー会社。全国に展開をしている東証一部上場企業です。
台風15号・19号の被災地で最も困った内容が「インフラ遮断」です。
その前年の北海道地震では「ブラックアウト(大停電)」が起こりました。
開発の構想は10年前から始まり、災害時に系統インフラが遮断されても自給自足できる住宅の開発を進めました。
OTS(on the spot)そこにいるだけで守られる暮らし・安心・安全な住宅環境をコンセプトに開発。
実証実験モデル棟が静岡県島田市にあり、約1年半以上の実証実験を行い、一定の成果を上げ
現在年間多くの行政・事業社・報道機関が視察に入っています。
2019年夏より住宅プロト及びシステムの販売に入りました。
業界のみならず日本社会において注目度が非常に高い自給自足のシステムです。

 

 

 

 

 

 

多くの日本住宅は、新築着工減少に入った今でも、
高度経済成長期(約60年前)の大量生産型間取りプランニングから変わっていません。
消費者の生活スタイルは大きく変化をしているにも関わらず、テコ入れがされてきませんでした。
市場経済の動き・国の戦後の経済成長・人口増加バブルによる
住居需要の増大・大手ハウスメーカーのほとんどが大量生産型であるという点が大きい要因となっていました。
また地震大国である日本は建築基準の法改正も頻繁に行われてきました。
住宅性能は昔に比べて非常に良好になってきましたが、基準を底上げする度に国が先導事業として入り、
機能・性能を上げる為の補助・助成の支援が行われたことで、日本の住宅産業界は完全なる技術一辺倒の業界となっていきました。
しかし、2020年に入り、住宅性能はある程度基準が定められ、性能の良い住宅は標準になります。
消費者の購買基準が変わり、見た目が良く・デザイン性が良く・使い勝手が良く・メンテナンスしやすい
そんな住環境や外観のデザインでなければ消費者に選ばれなくなりました。
そこで住空間演出をさらに向上させる為のライフスタイルデザインサポートをスタート。