お問い合わせ
資料請求
会員ログイン
採用情報

限定公開


ある流通店さんより受けたご相談



その流通店さんは今回新しいスタイルの流通店の店舗をスタートしました

相談内容

———————————————————————————–

【地場有力流通企業】

これから日本全体の中小企業の3割が廃業になっていく中で

流通のマンパワー【個人の能力】に頼った旧態依然のやり方で

今後の事業も続けていくのは非常に難しく感じる

自社で受注を取っていく為の仕組みはないだろうか

————————————————————————————

というものでした。


住宅事業モデル変化の最終ライン


高度成長期、人口増の時期の事業モデルを継続することに

不安感を覚える事業者が増えてきています

GDPや経済成長率を見ても、

市場が豊かだった時期の事業モデルを継続していることが

データに裏付けとして出てきています

時代の変化と共に売り方も非常に変わってきています


消費者が変わって、売り方は・・?


まず購買層が変わってきました。

購買層の主役は世代交代

2020年に団塊世代の方が全て70歳を超え主役は子供世代に

そして、さらに所得の問題が発生

若い人の所得は30代前後で400万円弱・・・

住宅を買うにも資金計画が難しい市況

住宅事業者が今まで培ってきた技術や性能・素材・エコ等は

所得レベルも年収700万円以上でなければ搭載することが出来ず

世代交代+市場の所得問題によってダブルパンチ状態

また・・・高所得レベルの消費者に対して営業をかける時に

どうしてもセンスや感性の勉強が必要不可欠

若い世代の低所得者でも購入できる住宅やマンションで

30%以上の粗利を出しながらセンスの良い住まいづくり

「素敵と思ってもらえる家づくり」「ご提案」が重要な時代・・・

追加相談内容

————————————————————————————

売り方も大きく変わってきている世の中で

取引先工務店の人たちに対してもどのようにサポートしていけば良いかわからない

メーカーの方も色々しようとしてくれるが

結局誰がコーディネートしてくれるのか

売り方のところまではやってくれない

————————————————————————————

 


よくある他のサポートは使えるのか・・?

 

市場では、家具やインテリアショップと提携して

工務店・取引先に使っていただこうという動きや

建築家・設計士と連携してサポートしようという動きが出ていますが

誰がコーディネートするのでしょうか?

という相談が出てきています

お客が来てからのサポートは多く存在していますが

お客様を集めて、見込み客を創り、申込み客へと繋げていく仕組みはなく

メーカー・商社の方は直接消費者に対して売ったことがなく

現実的に売り方のサポートまで行うことは難しい

追加相談内容

——————————————————–

どうしたらいいですか?

——————————————————–


マーケット開発を行い、自社で受注も取れて

取引先に営業の場として使ってもらえて

新規取引先も獲得しながら

取引先もサポートできる仕組み始めませんか?


全国の有力流通企業からもご依頼が来ており

現場の視察を8月に先立って開催

住宅事業者は規模の大小に関係なく

変化が求められている時代です


視察・説明会については詳細は➡こちら


【実際の店舗開発の実例】

店舗画像
店舗画像
店舗画像

 


※画像の転載禁止※