ウィズコロナ 工務店の営業力・集客力をすぐに上げる方法 ※詳細はウェビナーにて!!

この記事をご覧になっている方はさまざまな理由があってすぐにでも営業力・集客力を上げたい・・と、考えている方がほとんどだと思います。
 そこで今回は、工務店・住宅会社の方々が元請業として、どのようにこのコロナの時期に営業・集客を行うかを解説致します。

コロナでも売れる工務店は存在する

 コロナになって事業収縮が騒がれている世間とは裏腹に、コロナになっても尚売上を伸ばしている会社は、売れない会社と何が違うのでしょうか?
 まずは売れない理由を書き出してみましょう。

お客様と知り合う機会が少ない
お客様と面会して話す機会が少ない
契約までに時間がかかってしまう
相見積で他社に負けてしまう
お客様と会わずに出来る営業方法がわからない
などなど

 こうして上記のように挙げてみると、コロナ以前とそんなに売れない理由は変わらないように見受けられます。問題は根本的なところにあります、コロナが起きたことによってマーケット自体の動きも確かに沈下してしまったことはありますが、全体平均的に市場では3割DOWNです。
 対策を取らなければ、同じように3割DOWNになり、以前からのやり方が市場に合っていなければ3割DOWNでは留まらず5割~6割のDOWNへとなっていきます。逆に、以前からマーケットに左右されないように事業強化に努めていた事業社は、この期間でも売上を下げることはありません。

WEB集客に踊らされない!

 コロナで「非接触営業」「WEB集客」等のキーワードが流行しています。しかし蓋を開けてみると、別にコロナ前に行っていたやり方と変わりません。Instagramを使ったライブ配信、YouTube、動画を撮影したアップする・・・。やっていた事業社はとっくにやっていた、やっていなかった事業社がちょっとずつやり始めた。・・・と、それくらいの差でしかなく、実際のところのWEB集客は、ほとんどが大手や資金力のある企業にシェアを奪われており、いかに自分達が良いものを提供している自負があって、実際に良い商品であったとしてもユーザーの目に留まる確率は低いと言わざるを得ない。WEB集客の為の対策をやらなくても良いということではありませんが、ここにばかり時間をかけても仕方ないので、最低限はやっておきつつ本当に受注に繋がる集客や営業に力を注いだ方が良さそうです。PV数(閲覧数)を増やすことだけが目的では、本質的な見込み客獲得には繋がらないということから目を背けないことが大事です。

工務店の営業力・集客力を確実に上げる方法

スタートアップ、ホワイトボード、部屋、屋内、大人、オフィス

 実際にお会いする、リアルで人を集めることが難しい状況下とありますが、売れている工務店は集客が出来ています。集客を行うときに必ずしもリアルで集める必要もなければ、自分達で営業に行く必要もないやり方があります。それはC to Cのやり方です。
 先述にありました、WEB集客、この着目はとても良いのですが、WEBは集客装置ではなく、営業ツールとしてさらに進化した形態になることが求められています。それはお客様が他のお客様に商品の説明やサービスを伝えやすい演出がなされていることです。

WEB上のレビュー・コラムを強化する

 例えばIPHONEが欲しいなとなった時に、IPHONEのWEBページを検索する人もいますが、もっと見られているのは・・
・IPHONE12 pro 使ってみた
・IPHONE購入・レビュー
・IPHONE12 pro とIPHONE12 pro max 違い
等のユーザー目線で違い、スペックを体感した際の感想等を掲載しているブログやコラムページです。
住生活業界でも例外ではなく、WEBでは集客ことをやるのではなく、もっと具体的に営業に関わる自分達のメッセージをアウトプットしていくことが重要となります。
 間違わずにいただきたいのは、自分たちのメッセージとは言っても、性能の話ではなく、使い勝手の部分です。
 住生活産業以外のプロダクト(製品)のレビュー等を見ていただくととても分かりやすいのですが、性能に関する内容は売れる商品のレビューでは後半部分にちょっと掲載されている程度です。自社のコラムを強化してみるのはとても大事です。是非トライアルしてみてください。